*

○年前のビジネスモデルを目指して大丈夫?(ミーティング視点)

「銀行から、○年前のこの売上と利益率がよかったから、そこを目指して…って言われているんだよね」

「3年前はこの売上をこのメンバーでやってきたんだから…」

たまにそんな話を聞きます。

もちろん数字のプロのアドバイスや分析は大切。

ただいつの時代の話?現状にあっていないのでは?と感じる時もしばしばあります。

今日はこのテーマで書いてみますね。

(写真は六本木のホテルから)

グランドハイアット

結婚式の業界の例に。

わかりやすい数字で表すと約20年前は1組300万円が普通だった。

仲人がいたり、近所の人も招いたり、料理やお花も選択肢が少なく「松」「竹」「梅」から選ぶだけで(笑)、わがままを聞いてもらいづらい…。

ご祝儀から出た自費は当時40代50代の両親が子供の結婚式費用を援助する。

リピートビジネスではないので、新規向け紙媒体の広告宣伝費は湯水のごとく使う。

そんな300万円の結婚式を200組(あくまで一例として)、効率的な時代を経験していたとします。

 

でも、今は?

子供の結婚式に親が資金援助する、そんな両親は当時に比べれば随分減りました。

50代の両親が悪いのではなく、収入やお金の使い方が大きく変化しているのです。

年金制度、終身雇用&退職金など両親の雇用形態の変化、業界自体の変化(格安プランの台頭…)

要因はいろいろあると思います。

 

ただ一つ言えるのは「以前と今では同じ年代のお客様(50代両親や新郎新婦)を見ても、違う」ことだけは確かです。

これはどこの業界でも同じですよね。

でも、式場は

「○年が良かったですね。300万×200組を人件費○%で…あの頃を再現しましょう」

と外部の数字のプロにアドバイスされる。

「同業他社では人件費が売上の○%ですよ」

そんな部分的な情報のみで、一生懸命目指す。

 

数字だけ見て話していませんか?ってこと。

自社の現状をしっかり把握せず、周りの言葉を鵜呑みにして、

数字の理論だけで未来を描き、お客様を見ていない…。

自社の状況も見ていないから、現場(スタッフ)との気持ちもどんどん乖離していく…。

 

わかりやすく20年前というすごく極端な例ですが…上手くいかない会社はそんな感じです。

 

例えば…

売上構成は300万×100組 250万×70組 150万×70組で組み合わせで売上を考える。

お客様に喜ばれ、そして利益率もよくなるように工夫したプランを作る。

業務量は以前に比べ増えているので、システムの活用でスタッフの負担を減らす。

システム活用(導入)が厳しければ、人件費比率増の代わりに広告宣伝費をSNSや紹介の活用で抑える。

 

このほうが時代にあっていますよね。

実際、僕のクライアントさんは変化に合わせてそれを実現しています。

そうやってビジネスモデル(売上構成・経費構成・利益率)を変化・進化させていく必要があります。

単年で見れば売上を伸ばさず、利益率を高めるというチャレンジもあるでしょう。

 

ビジネスモデルは変わるはず!

時代が変わり、お客様自体やお金の使い方が変わるのだから、当然ビジネスモデルも変わりますよね?

 

あっ、理想の数字を目指したらダメだ!ということや

弱気になれ!ということではないですよ。

「現状を理解した上で実現のシナリオを描いていくこと」

「もし、高い目標を持つときは段階的に上げる」

そういうことが大切だとお伝えしたいのです。

 

「自分達のお客様」をしっかり見る。そして変化を把握して

「どんな風に喜んで頂くのか?どうお手伝いするのか?」を決めながら、ビジネスモデルを構築する。

 

単なる「机上の空論」的な数字で終わらないためには、現実を把握して未来を描くこと。

そこのシナリオをしっかり設計することが大切だと思います。

 

僕のミーティングでも、この「達成のシナリオ」は大事にしていることの一つです。

自分達の未来は自分達で創りましょうね♪

今日の記事が少しでもお役に立ったら嬉しいです。

 

【今日の質問】

   今年のビジネスモデルはどう進化させましたか?  

 

【矢本塾について】

●リーダー塾(5回コース)4期【受付終了】
(ミーティング術・周りの力を引き出すリーダー術)

●ミーティング熟(3回)コース 5期 2017年スタート
(価値観の異なる集団をまとめるミーティング術の基本)

 

ツイッターでも色々つぶやいています。

ここからフォローしてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
目標は高いほうがいいの?(ミーティングの方法)

先週は私塾の「リーダー塾」4期生の3回目でした。 北は北海道、南

○年前のビジネスモデルを目指して大丈夫?(ミーティング視点)

「銀行から、○年前のこの売上と利益率がよかったから、そこを目指して…っ

今年はどうなるの?と質問されて…(ミーティング視点)

先週もいろんな地域のクライアント先にお邪魔しましたが、さすがにこの時期

新年挨拶(これからのミーティングに必要なこと)

こんにちは ミーティングコンサルタントの矢本です。 新年がスター

涙あり、笑いあり 塾生限定の研修&忘年会(ミーティングの視点)

今週は塾生限定の合同フォローアップ研修&忘年会を都内(レストラ