*

相談しない方が上手くいくこと(ミーティングの方法)

ミーティングの方法を提案している僕ですが、何でもかんでもみんなに意見をもらうべきではないと思っています。

「部下と話しあって効果的な内容」「多くの部下に話すと逆効果な内容」はそれぞれあります。

今回はこの「多くの部下に話すと逆効果」になるケースが多い内容について書いてみますね。

2017年3月

どんなテーマが逆効果か?というと、

「新しいこと、革新的なこと、そういう事を導入したいとき」

こんな時はあまり多くの部下に相談しないほうがいいと思っています。

でも、経営者やリーダーも不安だし、みんなに「いいですね!」と言ってもらいたくて協力して欲しくて、聞いてみる。

いい答えがもらえないとほかのスタッフにも聞いてみたくなる…結果、多くの部下に聞いてしまう。

 

リーダー「新しく○○なコトしようと思っているんだけど、どう思う?」

部下「こんな忙しくて、人がいない時に○○なことをする時間なんてありませんよ!」

リーダー「…(なんでこんなに「後ろ向き」で「やる気なし」で「保守的」なんだ…。だから、うちのチームは…)」

と感じてしまう。結局こんなやりとりに…。

 

なぜ反対するのか?この意識の違いは?

現状に危機感を持ち、成長意欲があり、ポジティブに仕事をしているタイプの多いリーダーや経営者さんはいろいろ勉強される方も多い。

オンオフを問わず学び、セミナーへもよく足を運ぶ人、本やネットから情報を得る人…学び方も様々。

そして学んだことを自社でどう活かしていくのか?常に考えていますよね。

 

でも、かたや現場のスタッフは?

あまり勉強に行く機会もなく、基本は現場でモノを作ったりお客様と接しています。

当然、新しい事への知識やも増えない(自分自身で勉強することもあまりしない傾向が高い)。

研修やセミナーに行けば?といっても忙しいことを理由に逃げようとする場合もある(笑)

 

結果としてリーダーと現場の「新しいことへの知識の溝」がどんどん広がっていく。

 

厳密に言えば年齢・経験・部署によってもその差は違います。

多いのは「製造系の部門」「同じ仕事を長くしているベテラン社員」などは新しいことに消極的。

こういう意識の違いにがっかりしているリーダーも多い。

 

でも…ですよ。

 

逆に製造系の部門の人が

「面白そうですね!納期の保証はできないけどやってみますか!」

「(キッチン部門が)食中毒のリスクは高いけど多分、いきましょう~」

なんて深く考えず、軽く返してきたら少し怖くないですか?(笑)

 

「お客様の最前線に立っていているからこそ、お客様に慎重で保守的になってしまうケース」

「お客様や商品に責任感を持って取り組んでいるからこそ保守的になりがち」

この慎重さ故にあなたがいなくても現場がまわっている。

または、その慎重な性格の人がしっかりやってくれているからこそ安定している。

そして、そのおかげであなたは現場を離れ学べる環境があるはず。

 

という視点もありですよね?

 

そもそも「自分の知らない新しいこと」への知識や見識がない多くの部下はリスクを恐れて反対するもの。

でも、それが「普通」だと僕は思います。

「新しいこと」や「革新的なこと」は人がやっていないことだからそう呼ばれるのですよね。

 

だからといって常に一人で孤独に経営判断しろと言っているのではありません。

信頼できる一部の部下に話せば十分!

多くの部下に相談しても反対されるだけです。

 

でも、できれば一緒に前向きに進めたい!

そんなときは、どうするか?

解決策は「その知識の溝を埋めること」

 

具体的には導入するきっかけのなった体験を一緒にする。

・セミナーで影響を受けたらなら、一緒にそのセミナーに一緒に行く(行かせる)

・本の影響なら、その本を読ませる

残念ながら、あなたが一生懸命伝えても付け焼刃的になって、伝わらりにくいケースも多い。

そして部下は「あーあ、またどこかのセミナー(または本)の影響を受けてきたんだなぁ…」となる。

「百聞は一見に如かず」

リーダーが説得するより、同じ体験をしてもらうのが一番早いと思います。

 

こんなふうに新しいことを導入する時の考え方を一考して、上手く導入してもらえたら嬉しいです。

そして、どんどんチャレンジしていきましょう♪

 

【今日の質問】

   新しいことの導入は誰に相談しますか?
【矢本塾について】

●ミーティング塾(3回)コース5期 

(5/17 6/14 7/12  正式募集開始は後日)

内容:複数人のグループを短い時間でまとめるミーティングスキルの基本コース

 

 

●リーダー塾(5回コース)5期【夏以降募集開始予定】

内容:ミーティング術&周りの力を引き出すリーダー術

 

ツイッターでも色々つぶやいています。

ここからフォローしてくださいね。

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
広島カープ優勝おめでとう(ミーティングの視点)

カープ37年ぶり、セ・リーグ連覇おめでとう!! 「空を泳げと~ 

評論家より提案&実行家を増やそう(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今週は久しぶ

「リーダー・幹部塾(全5回コース)」(第5期)ご案内

こんにちは!㈱チームサポートプロの矢本です。 ミーティングのプロ

「いつまでに?」より「いつするの?」(ミーティング方法)

「期日を決めているのだけど、結局実行できないんだよね…」 塾でも

軌道修正していますか?(ミーティングの方法)

お盆も働いてくれている人たちがいるからこそ、こうして快適に過ごせる。