*

ミーティングでの参加者は固定した方がいいのか?

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 ミーティング, ミーティングで人材育成, 人選, 強い組織

塾やセミナーで「ミーティングの参加者は固定した方がいいのか?それとも、テーマに合わせて変更していった方がいいのか?」

という質問をよくいただくのでブログで紹介しますね。

僕のオススメは「基本、固定。テーマによっては固定メンバー+必要な人が参加」です。
そのの理由をいくつか紹介しますね。

ミーティングの目的は問題解決+育成

ミーティングは「話し合って問題を解決する」だけにせず、その先にある「選抜したメンバーの個人力・チーム力を育成する」の意図を持った方がいいです。
だって忙しい中、せっかく集まってミーティングするのですから、問題解決だけだともったいない。
効果的なミーティングのプロセスには「個人としてチームとして人を育てる要素」がつまっています。
人材育成も見据えるなら…そのためにはメンバーを固定した方が良いですね。

そして短期間で成長するためには?
例えば、何か新しい事を覚える時、どっちが良いと思いますか?
1.間をあけて時々した方が早く身につく
2.ある一定期間、集中的にした方が身につく

おそらく2ですよね、それと同じです。
ですから、メンバーをある一定期間(半年~1年)集中的に固定することで短期間で人材育成しやすいメリットがあります。

テーマによっては必要メンバーはスポット参加

じゃあ、一度決めたらどんな時でもそのメンバーだけで話すのがベストなのか?となるとちょっと違います。

例えば「今度のミーティングはこのテーマで話そう!」と事前に決めた課題がある場合。
その時に「このテーマならプラスこの人を参加させた方が話が早い」「いいアイデアを出しそう」など必要だと判断した人材は事前に調整してスポットで参加してもらいましょう。
固定メンバー内だけで無理やり「全てを解決させる」ことが重要ではありません。
そのメンバーが「社内の資源をフル活用して解決する事」も重要な経営判断ができるリーダー達を育てることにつながります。

誰を選ぶのか?誰をスポットで参加させるのか?
リーダーのセンス(先見性)が問われ、同時に鍛える場になっています。

あのミーティングに参加したい!!という場にする

効果的なミーティングをしている会社は「今、自分が参加しているミーティングの価値」がわかっています。
だから時間調整しても必ず参加する。
逆説的に言えば、参加していないメンバーが「あのミーティング、参加しなくてラッキー!」ではなく、
「会社の方向性を決めていてなんか楽しそう。自分も早くあの場に参加してみたい!」
参加メンバーはそんなふうに言われる場にしていくこと。
そういった場を目指していくことが大切だと思います。

無理?(笑)
いやいやいや…可能です。

参加した固定メンバーが楽しそうにチームの未来を話し合い、知恵と行動で解決していく。
結果、お客様にも伝わりどんどん会社も良くなる。
そういった小さな成功サイクルを作ることです。
(現に僕のクライアントさんはたくさん成功事例を作っています)

職場の未来を作るのは自分達!
固定メンバーが主体的に仕事に取り組めば、チームとしての可能性は確実に広がります。

【今日の質問】

あなたが選ぶ固定メンバーは誰ですか?
【ミーティング塾(全3回コース)】(最大12社→残り2社)
社内で司会進行役の上手な社員を育てたい経営者、自分のチームを活性化させたいチームリーダーや顧問先のミーティング・会議を良くしたい士業の方向けです。
「現場を巻き込み成果・人材育成を兼ねたチームミーティングの基本術」単なる研修と違い実戦形式の研修なので確実にスキルが身につきます。
詳細はコチラから

【リーダー・幹部塾(全5回コース)】(最大12社→残り1社)
昨年(第1期)一般告知せず、満席となった「リーダー・幹部塾(第2期)5回コース」の第2期を5月からスタートします!
この塾は「現場を巻き込み成果・人材育成を兼ねたチームミーティング基本術」、幹部として「組織の通訳となり結果を出すマネジメント術」一度に両方同時に身につけられる塾です(代表・幹部(候補)限定)
詳細はコチラから

ポストイットイメージ

今週の出張の中心となった北海道。2社のミーティングに参加中してきました。

写真は目の前に立ちはだかる課題に対して解決策まで…後少し!!という場面。

それにしても…

帰宅して帰宅して恐る恐る体重計に乗ると…

「やっぱり増えてるーーーーーーーー!!!」

恐るべし北海道の食と僕の食欲…。

明日からダイエット頑張ります…。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
15社選抜40人、異業種が集った研修(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 久しぶりのブログ

広島カープ優勝おめでとう(ミーティングの視点)

カープ37年ぶり、セ・リーグ連覇おめでとう!! 「空を泳げと~ 

評論家より提案&実行家を増やそう(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今週は久しぶ

「リーダー・幹部塾(全5回コース)」(第5期)ご案内

こんにちは!㈱チームサポートプロの矢本です。 ミーティングのプロ

「いつまでに?」より「いつするの?」(ミーティング方法)

「期日を決めているのだけど、結局実行できないんだよね…」 塾でも