*

みんなで決めるフォローアップ研修(ミーティング塾)

公開日: : 最終更新日:2015/09/13 ミーティング, 塾について, 強い組織

先週は東京での私塾の「リーダー塾(第1期)」のフォローアップ研修日でした。

塾が終わったあとにフォローアップ研修という仕組みでレベルアップしてもらう事、僕自身当初はあまり考えていなかったんです。深く考えるきっかけは

「塾やセミナーなどによく社員を参加させる。でも、塾が終わるとせっかく学んだのにそのままになりがち。もし取り組んでいたとして新たな課題が発生して、つまったまま確認・修正する機会がない。
だからもし、塾をするならお得な金額で(笑)、定期的に確認・振り返りができるフォローアップの仕組みを作って欲しい」

塾を始める前に親しい社長さんからこんなお願いをもらったことでした。
そういえば僕もサラリーマンの中間管理職時代、同じことを思っていたんですよね。

特に…ミーティングの技術は車の運転と同じで特殊技能ではありません。
何回も繰り返すことで必ず身に付きます(ただし何回も何回も)。

だから
・復習する場
・現状での各塾生に合わせた課題を解決する場
・塾中では学んでいない次の次元の高いスキルを学べる場

こんな内容で定期的に開催すればきっとレベルは上がるはず!
そう考えて僕の塾(リーダー塾5回コース・ミーティング基本塾3回コース)ではそれぞれフォローアップ仕組みを必ず設けるようにしました。
(もちろん参加・不参加は本人の判断に任せてますよ)

問題は「どんな形(タイミング・時間・場所)のフォローアップすればみんな参加しやすいのか?」です。

それぞれ期によってメンバーの特性は異なります。
社長が多い期、逆に中間管理職が多い期、地方からの参加が多い期…などなど。そして、そもそも忙しい時期が業種によって異なります。

そこで考えたのが「フォローアップはこうあるべき!」と僕が一方的に決めて押し付けるより、
「その期ごとに「どんな形(タイミング・時間・場所)のフォローアップを開催すると効果的か?」をみんなでミーティングして決めてみよう!」カスタマイズするスタイル。

だから僕の塾ではフォローアップの形が各コース、その期ごとにそれぞれ違います。
「3ケ月ごとに東京で1日でガッチリ実践復習する期」もあれば、「半年後に地方の旅館で一泊二日の合宿スタイルの期」や「他社ミーティングを見学を希望する期」…など。
遊びがメインになりそうな期もありますが(笑)、しばらくこの方法で決めていきます。

でも、それぞれ勉強になりそうだし、個性もある内容でしょ?

今回のリーダー塾第1期生は前回決めた「東京での3ヶ月後開催する1日フォローアップ研修(2回目)」でした。
リーダー塾 第1期 第2回フォローアップ研修案内自撮り

なにより久しぶりのメンバーとの再会は僕にとっても楽しい!!!

 

そして、みんなミーティングを学びながら、同時に他業種成功事例を自社に置き換えてヒントを持ち帰っている。
自分たちの業界だと常識に囚われて「なかなか難しいよね~」で終わってしまいがちですが、違う業界だと気づきも多い。
「採用活動で悩んでいる」
「入った社員をどう短期間で教育するか?」
「社員よりモチベーションの低いアルバイト教育法について」
「集客方法で悩みがある」
「社員の評価方法は?」

問題解決ミーティングのワークを通じて課題、解決策を交換していると各社(各人)の得意も見えてくる。
こうして仲間同士お互い刺激をもらっているんですよね。

僕の塾に限らずこういう様々な業種業界や年齢を超えた勉強会仲間、またはその成功事例が交換できる場って財産です。

そして他社の事例を「うちの業界は特殊だから参考にならない…」なんて言い訳思考ではなく、「自社内でどう活用できるか?」という未来思考が上手くいく。

「うちの~」ついつい言っちゃいますよね(笑)

でも、言えばその場は終了、思考もストップ…この差は大きい!そう感じませんか?

 

僕自身はみんなの報告で

「~ができるようになって業績が順調」
「今、会社は大変だけど、チャンスと捉えて~して頑張っています!」
「新しいお店を作った」「~するようになってスタッフが辞めなくなった」

みんなの成功や頑張っている姿を聞くことは僕も嬉しい。
そういう意味では一番刺激をもらっているのは僕かもしれません♪

この日も最後は次回のフォローアップの日程・内容をみんなでミーティングして、懇親会に突入(笑)
次回も楽しみです。

 

【今日の質問】

業種を超えた勉強会仲間はいますか?

その成功事例を自社で活用できていますか?

 
【矢本塾について】

●ミーティング塾(3回基本コース)第4期東京 12月スタート予定

●リーダー・幹部塾(ミーティング×マネジメント)(5回コース)第3期 来年予定

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
新しいスタイルのビジネスエンターテイメント(短パン社長)

今週は友人「短パン(奥ノ谷)社長のトークライブ」に行ってきたことをブロ

仕事が楽しいかどうかは誰に責任がある?(ミーティング視点)

先日、中1の娘の学校(期末)行事に参加して、社会人も学生も同じかも…と

相談しない方が上手くいくこと(ミーティングの方法)

ミーティングの方法を提案している僕ですが、何でもかんでもみんなに意見を

目標は高いほうがいいの?(ミーティングの方法)

先週は私塾の「リーダー塾」4期生の3回目でした。 北は北海道、南

○年前のビジネスモデルを目指して大丈夫?(ミーティング視点)

「銀行から、○年前のこの売上と利益率がよかったから、そこを目指して…っ