*

ミーティングの司会進行役に向いている人

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 ミーティング, 人選

どんな会社にでもあるミーティングや会議が「活性化する」「成果につながる」「効率的になる」こうなれば会社のパフォーマンスが上がることは間違いないですよね?

それがわかっている会社では自社内でミーティングの司会進行が上手なスタッフを育てたい。

 

司会者内製化イメージ

 

そんな要望をいただいく会社では司会進行役を請け負いながら、同時に候補者を育てるお手伝いをしたりすることがあります。

自社内で人選する時によく質問されることは「どんなタイプが向いているか?」「そもそも向き不向きはあるのか?」です。
経験上、もちろんあると感じています。
じゃあ、どんなタイプを人選すると上手くいくのか?紹介してみますね。

ミーティングや会議の司会進行役で向いている人

①感情の起伏が激しくない人 (笑)
参加者の発言内容に感情的に反応する人は司会進行にはどっちかというと向いていません。 そうなると参加者は司会進行者の顔色をうかがいながら発言するようになる。
「あっ、それ言っちゃうんだ!」と周りがビックリするような発言が出た時に、シラ~とできたらベスト(笑)。
いちいち感情が顔や発言に出る人は、場の空気が変わるので向かないかもしれません。

②自分のやり方にこだわらない人や個性を尊重できる(正誤の判断をしない人)
わざわざ集まってみんなで知恵を出すのは「可能性を広げる場」の意味がある。だから、僕はどんなアイデアもありだと思っています。
だってリーダーは自分以外の視点を集め、より良い判断ができる人の方が結果を出しています。
そういう意味ではチームの司会進行役も、どんなアイデアに対してもニュートラルな気持ちで「確かにそういう考え方もあるね」と参加者が発言しやすい雰囲気を作れる方が向いていますね。

③チーム外の人
それなりの社員数や部門がある会社に限られますが(よその店舗の店長が他の店舗の司会進行をするなど)、あえて自部門以外の人に任せるパターン。
そのチームの業務内容を把握する必要はありません。(あくまで客観的に進行できるかどうか?の方が大切です)
チーム内のスタッフが司会進行すると自身の個人的な気持ち(そのアイデアは良い!悪い!)があるために進行に影響を及ぼす可能性がありますから。

あと…色々ありますが、これ以上あれこれ書くと「そんなスタッフはいない!」となりそうですよね(笑)。
この中でも僕自身は①を一番大切に考えています。

逆にミーティングの進行役に向いていない人とは

向いていないというより、人選しない方がいいのは「そのチーム内の最高責任者」。
アイデアが全員一致することは基本ありません。つまり、意見が分かれた時に「最終判断する人」と「司会進行役」を分ける事ができたら理想です。

でも僕自身、前職時代「司会進行役」と「判断する人」を同時にやっていました。リーダーが司会進行するケースはよくあるパターンでしょう。
だから、やってできないことはありません。ただし…参加者側に集中するのがベストだと思います。
司会進行しながら「なぜこの発言が出るのか?」「成長を妨げている問題は何か?」と考える一方で、
自分自身もアイデアを出しながら他のアイデアも聞き「今の状態どの案をチョイスするのがベストか?」といくつも同時に考える事は「慣れ(何十回も行う中での)」が必要ですし、苦しい。

以上、司会進行に向いている人という視点で書いてみました。

司会進行役のレベルはミーティングの成果、しいては業績を左右する

「アイデアが出ない時はどうする?」
「意見が対立して言い争う雰囲気になったときは、どうまとめる?」
こういったことを簡単に解決できる司会進行役が社内に一人でもいるかいないかで、当然ミーティングの結果、しいては会社の業績に大きく影響を及ぼします。
そして、参加者も「ミーティングが自分達の会社を変えていくきっかけになる」そう感じてくれば必ず主体的に参加します。
経営者は商品やマーケティング、外部の人に解決策を求めるのではなく、こういう会社内部の「仕組み」を変える事も大切だと思います。

ミーティングや会議の進め方(人選)を見直し、さらなる成長につながれば嬉しいです。
「自分達の職場の未来は自分達で創ろう!」

 

ミーティングや会議の進行役、どんな人を人選していますか?

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
広島カープ優勝おめでとう(ミーティングの視点)

カープ37年ぶり、セ・リーグ連覇おめでとう!! 「空を泳げと~ 

評論家より提案&実行家を増やそう(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今週は久しぶ

「リーダー・幹部塾(全5回コース)」(第5期)ご案内

こんにちは!㈱チームサポートプロの矢本です。 ミーティングのプロ

「いつまでに?」より「いつするの?」(ミーティング方法)

「期日を決めているのだけど、結局実行できないんだよね…」 塾でも

軌道修正していますか?(ミーティングの方法)

お盆も働いてくれている人たちがいるからこそ、こうして快適に過ごせる。