*

ルパンと日本代表と会社の共通点(ミーティング方法)

公開日: : アイデア出し, ミーティング, 強い組織

先日の休みに娘と映画「ルパン三世」の実写版を見てきました。

そこで今回は配役やストーリーは置いておいて、今回のブログはこのルパンを題材に「強いの組織(チーム)」について書いてみますね。

強い組織(チーム)の共通点は?

それは「各自の得意が生かされている」事です。

例えば、僕が好きなサッカーを例に。

サッカー日本代表は?

・足の速い選手

・ヘディングが得意な選手

・シュートが得意な選手

・パスが得意な選手

全く同じ特技を持つ選手を11人集めないですよね?

最低限の基本的なスキルを持っている前提で様々な得意を集めて最強のチーム作りを目指す。

これが強い組織(チーム)の共通点ではないでしょうか。

 

ルパン三世のチームも最強チーム

映画を見て、そう思いました。

メンバーである、ルパン三世、次元、五右衛門、峰不二子‥。

みんな得意なことも好きな事も全然違う…()

(ルパン三世を知らない方はスミマセン。)

ルパン2

でも、それをお互い認めているし、いざ仕事ではお互いの得意を生かして、チームワークを発揮してすごい結果を出している! ですよね?

 

じゃあ、僕達ビジネスマンはどうでしょう?

社内の仲間の良いところより、悪いところばかりたくさん見つけて指摘していないだろうか?

「こっちが偉い」「こっちが正しい」「あっちが間違っている」と揚げ足の取り合いをしていないだろうか?

 

なぜ得意を生かす組織マネジメントが大切なのか?

1人でできる事なんて知れています。

だから組織が作られている。

でも、組織であってもみんながバラバラの状態だとパフォーマンスは悪いですよね。

「スピードと結果が求められる時代」

「少人数で効果的な結果を求められる時代」

「幅広い知識と業務内容が求められる時代」

こんな時代だからこそ、リーダーに求められるのは「自分が全部を背負ってやること」でもなければ、「同じような能力を持つ人」のマネジメントではありません。

「異なる得意を持つ人」を引き出し、上手くマネジメントする能力です。

 

どうやって部下やメンバーの得意を引き出すか?

引き出せなければ生かすこともできませんよね。

ここではミーティングでの引き出し方を紹介します。

質問(テーマ)に対しアイデアを書かせるときに、たくさん(最低3つ以上)書かせることです。

テーマに対し「1つ」の解決策だけだと、結果みんな同じような内容になりがち。

でも、「3つ以上」などたくさん考えて書かせれば書かせるほど個性的なアイデアが出てきます。

 

例えば、レストランで「顧客満足の更なる向上!」をテーマにミーティングしたとします。

・掃除の得意なスタッフのアイデアは「〇〇の場所をもっと綺麗にしましょう!」と書くし、

・電話応対の早い子は「電話コール3回以内に出る事をルールにした方がいい」と書き、

・営業の得意な子は「商品説明のトークレベルを上げるために、ロープレをしたらどうか?」と提案します。

このアイデアにの違いこそ、個性なんです!!

リーダーはこういう自分以外の視点を手に入れられることがミーティングの価値となります。

 

優秀な社員だからできる事?

「そんな得意な分野を持った優秀な社員はいないんです…」

たまにリーダーからそう聞きます。

でも、本当にそうでしょうか。

「他人と全く同じ人間」は1人としていません。

人が違う以上、違う価値が必ず存在します。

実際、同じ部下が違う部門へ異動した、結果伸びた!という例もたくさん経験しました。

同じ部下でも上司によって結果が変わる…これは部下の問題ですか?

やはり部下を生かすも殺すもリーダーの手腕次第!なんです。

 

そして、あなたにはあなただけのリーダーとしての価値があるはず!

だから自信をもって、楽しんで部下の得意を見つけて可能性を引き出しましょう!

 

「自分達の職場の未来は自分達で創ろう!」

では、今日も素敵な1日を~。

 

 仲間の得意を生かしたマネジメントができていますか?

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
目標は高いほうがいいの?(ミーティングの方法)

先週は私塾の「リーダー塾」4期生の3回目でした。 北は北海道、南

○年前のビジネスモデルを目指して大丈夫?(ミーティング視点)

「銀行から、○年前のこの売上と利益率がよかったから、そこを目指して…っ

今年はどうなるの?と質問されて…(ミーティング視点)

先週もいろんな地域のクライアント先にお邪魔しましたが、さすがにこの時期

新年挨拶(これからのミーティングに必要なこと)

こんにちは ミーティングコンサルタントの矢本です。 新年がスター

涙あり、笑いあり 塾生限定の研修&忘年会(ミーティングの視点)

今週は塾生限定の合同フォローアップ研修&忘年会を都内(レストラ