*

ミーティングで発言がもっと出るためには?

公開日: : 最終更新日:2015/06/17 アイデア出し, ミーティング, ミーティングで人材育成, 決定・合意

こんにちは。ミーティングコンサルタントの矢本です。
今日は前回に絡めて、ミーティングで発言がもっと出るためには?について書いてみますね。

前回のブログでは「発言した人が実行する」はダメということを書きました。
前回ブログ

ね?
この問題を別の視点で見ると「発言(アイデア・提案)」と「決定・実行」を同時に考えてしまっている…ということです。

基本、「アイデア・提案・改善策を考え発言する」事と「決定する・実行する」は全くもって別物です。

アイデアを考える時間は「チームとしてのこれからの可能性を広げる場」

全部採用するわけではないし、つまり採用するかしないかは別の問題。
また、出てきたアイデアを正誤を判断したり、その場で潰したりする場でもない。
※でも、潰しているリーダーも多い(自分では気づいていないけど)。

ここでの大切なポイントは

スタッフへは「考える力を養う場」であり、
リーダーにとっては「各個人の独自の視点(個性)を引き出す場」であり、
司会進行役は「チームとしての可能性を引き出す場」です。

なのに先の実行ばかり気になって「実行しやすいものは?…」「不可のかからない無難なアイデアは…?」という思考になってしまえば可能性を広げるどころか、狭めていっていますよね?
これでは意味がありません。
どれを採用・実行するか?それを誰が実行するか?は別にして、まず参加者には「可能性を広げてみる」(考える力を育成する)ことに集中させましょう!

ルールとしては
・何でもOK(他の参加者は否定しない)
・個人個人違う方が意味がある(同じならわざわざ集まる意味もない)
こんな前ふりをして発言しやすい雰囲気でスタートしましょう。

可能性を広げるミーティングの感想

アイデア 知恵、道は開けるアイデア1

 

「決定する・実行する」は絞りこんでいく場

アイデア出てきたあと決めていく。逆に「限定して絞り込んでいく場」です。
たくさん出てきたアイデアの中で、ここからが「今から取り組むべき優先アイデア(効果の出る解決策)は何か?」を考え選定します。

時間のかかる事、かからない事
経費のかかる事、かからない事
負荷の多い事、軽い事

たくさん出てきたアイデアの中で様々な視点から決定していきます
ただし、繰り返し言いますが、正誤は判断しない。
(発言に対し正誤判断して裁いてしまうと次回から参加者は正解を探すようになり自由で活発な発言はなくなります)

人材育成も兼ねたミーティングでは正誤ではなく、成功確率が高いものはどれか?という視点で決めていくのがポイント

いかがですか?

今日のブログでお伝えしたいことは、アイデア・提案・改善策は「広げる場」、決定・実行は「絞る場」であり、別物として考えさせることが重要だということです。

ただでさえ現場スタッフのミーティングでは現実的なアイデアが多い。
狭い視点で物事を考えるのではなく、様々な視点で考える力(アイデア・提案・解決策)をつけさせることもミーティングだからこそできる重要な教育の場です。

うまく使い分け、部下の可能性を引き出してくださいね♪
【今日の質問】

アイデアや解決策を考える時間は「可能性を広げる場」になっていますか?
【お問い合わせいただく矢本塾について】

●ミーティング塾(3回コース)第2期受付終了 第3期(8月スタート予定)
●リーダー塾(ミーティング×マネジメント)(5回コース)第2期満員御礼 第3期(11月スタート予定)

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
軌道修正していますか?(ミーティングの方法)

お盆も働いてくれている人たちがいるからこそ、こうして快適に過ごせる。

少し言い方を変えるだけで大きな違いが(ミーティング視点)

「なんでそんな言い方しかできないんですか?」 と、部下に逆ギレさ

亡くなった父に心から感謝!!

6月2日以来、久しぶりの更新です。 実は先月6月6日、広島に住ん

数字を活用して伝える力(共有力)をUP(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今回

情報共有していない方が悪いのかな(ミーティング視点)

今回は研修で質問もらったことをブログで紹介。 (その企業さんと本