*

店長や部門長を集めて話す効果的なミーティング術

公開日: : 最終更新日:2015/08/16 マネジメント, ミーティング, 塾について, 強い組織

こんにちは ミーティングコンサルタントの矢本です。
昨日は長野のエステグループのクライアント先に伺ってのミーティングでした。

横軸ミーティング1     各店の店長を集めてのミーティング

各店長や部門ごと所属長を集めてのミーティングや会議、やっている会社も多いと思います。
でも、その時間を上手く活用出来ている会社はどれくらいあるのかな。。。

もったいないなと感じるパターンは…例えば

各店長(所属長)が「先月の結果」「今後の方針」…そんな決まった内容を順番に発表。
ガンガン質問したり、話したりしているのは営業部長や社長だけ。
他の店長(所属長)は黙って聞いている。

そんな光景のミーティングありませんか?

もっと細かく心理状態を読み取ると、営業部長や社長は他の店長(所属長)にも、もっと話に加わって欲しい。お互いにもっとつっこんだ提案をして欲しいと思っている。
でも、実際は各店長(所属長)は自分の所でいっぱいいっぱい。ほかのお店(部門)に首を突っ込まない代わりに、逆にに自分の所で突っ込んで欲しくない。
そして発表している店長(所属長)は、そっと嵐が過ぎ去るのを待っている(笑)
結果、話しているのは社長と営業部長だけ…。

こうなるとせっかく忙しい中、集まっているのにもったいないですよね。

なんでこうなってしまうのか?
「全社視点で課題を考え、横軸でサポートする仕組みが会社にないから」です。

じゃあ、どんなステップ(質問)で仕組みとして話し合ったらよいのか?

今までどおり、簡単に各店の状況報告をしたあと、
1.全社として今一番重要な問題は何なのか?と優先順位の高い課題の共有する(決める)
2.1に対し、どんな解決策があるのか?考える
3.1に対しプラス、各自のお店・部門がサポートできることは何のか?
 (自分自身ができることは何なのか?))

こういったステップで全社視点でひとつ課題を取り上げ、解決に向けて話し合うミーティングがオススメです。

組織図に頼った「縦割り中心のマネジメント」ミーティングだと…

・課題A:人が辞めて代わりの人が採用できない
・対策1:引き続きA店だけが頑張って採用活動と教育をトライしていく

・課題B:B店の営業の成約率が悪い
・対策1:店長がもっとしっかり部下を指導する

ミーティングとしては社長が「A店の課題に対して●●や□□というやり方もあるよね?もっと頑張るように!」
A店店長「はい、●●で頑張ります!」と。

縦割りのみのマネジメント仕組みだとミーティングの流れはいつもこうなりますよね。

でも、これではなかなか解決しない。じゃあどうすればいいのか?

「横軸(チーム力)を絡めたマネジメント」を活用する

・課題A:人が辞めて代わりの人が採用できない
・対策1:A店だけでなく本社も採用活動をサポートする
・対策2:忙しい時は(採用できるまで)、順番に各店1名がA店にヘルプに行く

・課題B:営業の成約率が悪い  
・対策1:店長の指導の方法を変えてみる
・対策2:成約率の高い他店のスタッフがA店のミーティングに参加してして成約率アップのサポートをする

縦軸と横軸をミックスすると、こういったアイデア・結論が出てくるわけです。

全然違うと思いませんか?
各店の報告会だけだとなかなかこういう話にはなりませんからね。

お互いの個性を活かし、総合力で前に進むこと

横軸を活かす…組織力を活かすとはお互いの個性を活かし、お互いが協動して総合力で突破すること。(組織力強化とは個性を潰すことではない)。

このミーティング、最初はぎこちなくても、みんなが逃げ腰でも(笑)、小さな成功を繰り返せば「協力すれば突破できる」という自信を持つようになります。

「お互いの個性を活かし、1人の個人で突破できない課題を協動して突破できるチームを作りたい」
そんなリーダーは横軸を生かした全社視点のミーティングにトライしてみてくださいね。

 

【今日の質問】

横軸でサポートする仕組みはありますか?

 

【お問い合わせいただく矢本塾について】

●9月から大阪でミーティング塾(3回基本コース)開催します!
詳しくはコチラから!!

●リーダー・幹部塾(ミーティング×マネジメント)(5回コース)第2期満員御礼

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
新しいスタイルのビジネスエンターテイメント(短パン社長)

今週は友人「短パン(奥ノ谷)社長のトークライブ」に行ってきたことをブロ

仕事が楽しいかどうかは誰に責任がある?(ミーティング視点)

先日、中1の娘の学校(期末)行事に参加して、社会人も学生も同じかも…と

相談しない方が上手くいくこと(ミーティングの方法)

ミーティングの方法を提案している僕ですが、何でもかんでもみんなに意見を

目標は高いほうがいいの?(ミーティングの方法)

先週は私塾の「リーダー塾」4期生の3回目でした。 北は北海道、南

○年前のビジネスモデルを目指して大丈夫?(ミーティング視点)

「銀行から、○年前のこの売上と利益率がよかったから、そこを目指して…っ