*

数字を活用して伝える力(共有力)をUP(ミーティング視点)

公開日: : 最終更新日:2017/06/03 ミーティング, ミーティングで人材育成, ミーティング方法 Q&A, 強い組織

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。

2017年6月シックス

今回のテーマは数字。

数字と書くと「売上」「利益」をイメージする方も多いかもしれませんが…違います。広い意味での数字です。

ミーティングや会議、普段に会話をしていても、伝わっていると思っていたら実は伝わっていなかったことって多いですよね。

特に「短い時間で効果的にチームで共有したい」場合、数字を使ったほうが共有力が上がるケースも多い。

ミーティングのプロとして、普段クライアント先や塾で伝えている「共有力を上げる」ポイントの一つを今回のブログで。

 

「抽象的な言葉ではなく、数字を活用した言葉で共有力アップ」

抽象的な言葉というのは「受け手によって解釈の幅が広がる」というメリットもありますが、

反対に「個々の価値観によって判断が変わる」デメリットも出てきます。

 

抽象的な言葉…一例を紹介すると

「時間厳守しよう」

「昨年の同じ時期よりお客様が多かった気がする…」

「この仕事は大事だから、できるだけ急ぎでね!」

普段よく使っているこの言葉がお互いの感覚が違って、誤解が置きやすい言葉です。

でも、数字を上手に使えば理解度や共有レベルが上がります。

 

じゃあ「時間厳守」という言葉を例に紹介しましょう。

「時間厳守」を会社の理念に掲げている会社もあると思いますが、

「何分前に来るか?」は個々の常識で異なることが多い。

結果「10分前行動が常識でしょ!」と思っている人もいれば

1分前にすべりこんで「時間厳守、セーフ!!」という人もいる。

「新人は30分前に来て開始の準備や清掃をして当たり前」という人もいる。。

 

さて…どれが正解か??

 

価値観の問題だから、唯一正しい正解なんてない。

だから部下の動きがバラバラなのもある意味普通かも知れない。

じゃあ?会社の現在の価値として、まず明確に決めるだけだと思います。

 

でも、具体的に数字にして決めていない会社も多い。

だから人によって曖昧。

それが結果として誤解を生み、「あいつは常識がない!!」となる。

さらに困るのは上司によってその感覚が違うこともあり、さらに部下は混乱する。

 

でも、数字を使えばどうでしょう?

「うちの会社での時間厳守というのは10分前行動ね」

ね、これが共感できるかどうかは別として、

数字を使えば個人によっての価値観の違いがなくなりますよね。

 

他にも

「昨年の同じ時期よりお客様が多かった気がする…」

ではなく

「昨年同時期より入客数が115%増です」

の方が上司はわかりやすい。

 

他には上司から頼まれる「大事だから、できるだけ急ぎでね!」の言葉。

本人は「今はいろいろ忙しいから2.3日中で十分だろう」と考える。

でも、上司は「できるだけ早くと言ったから、常識的に今日中だろう」と考え、

提出がないと翌日上司から「遅い!」「時間配分が悪い!」と怒られ、部下は仕事を請けるのが嫌になる。

結果、評価が下がる。悪循環です。

 

部下「急ぎとのことですが、期日はいつまでですか?」

上司「16日の12時までが希望なんだが、どう?」

部下「○○と□□の仕事のあとに取り掛かるので、16日中でも大丈夫ですか?」

上司「じゃあ、それで」。または「□□の仕事は後でいいから、12時までに頼む」

数字を使ったほうが明確ですよね。

 

でも普段、数字を活用することに慣れていない人にとっては「窮屈感」を感じたり、

「覚悟(締切を明確にする)」を求められたりする側面もあるので、最初は抵抗感があるかもしれません。

なので、もし数字に慣れていない組織の場合、上司の人はそこを理解しながら「少しずつ導入」をおオススメします。

 

どちらにしても「お互いの思いを具体的に理解して、短い時間でチームの共有力を上げる」このことにおいて数字は有効なツール。

上手に活用してみてくださいね。

これがミーティングや普段のコミュニケーションのヒントになれば嬉しいです♪

 

【今日の質問】

     今後どんなときに数字を使って共有しますか?  

 

【矢本塾について】

●ミーティング塾(3回)コース5期 募集中です!!

内容:集団を短い時間でまとめるミーティングスキルの基本コース

詳しくはコチラ

 

●リーダー塾(5回コース)5期【9月スタート予定】

内容:ミーティング術&周りの力を引き出すリーダー術

 

ツイッターでも色々つぶやいています。

ここからフォローしてくださいね。

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
数字を活用して伝える力(共有力)をUP(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今回

情報共有していない方が悪いのかな(ミーティング視点)

今回は研修で質問もらったことをブログで紹介。 (その企業さんと本

必要な情報が集まる上司とは?(ミーティング視点)

中間管理時代の上司として痛感したこと。 働いていて、考えていない

ミーティング塾(全3回基本コース)第5期生募集開始

  こんにちは、㈱チームサポートプロの矢本です

新しいスタイルのビジネスエンターテイメント(短パン社長)

今週は友人「短パン(奥ノ谷)社長のトークライブ」に行ってきたことをブロ