*

あなたの右腕は誰ですか?(ミーティング視点)

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 セミナー情報, ミーティング, 人選, 強い組織

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。

責任感のある中小企業の代表の方はこう思っている人も多いはず「まずは自分が!」「自分が頑張らないと!」と。
もちろん、それはそれで大切。でも、もっと可能性の広がる方法もあるはず。
そんな代表の方に何かのきっかけになれば…と今日のブログを書きました。
もし今、中間管理職のあなたも立場を置き換えて読んでみてくださいね。

【その前にご案内です】
先週水曜日から告知開始した「リーダー・幹部塾(5月スタート・5回コース)」
12社限定で10社確定、残り2社です。申し込みいただいた会社さん、ありがとうございます。
先着順なので検討中の企業さんは早めにご連絡くださいね。
詳細はコチラから。

では、ブログに戻って…ある女性社長からの僕に頂いた嬉しいメールから紹介しますね。

~以下メッセージ~

ご無沙汰してます。
近ごろの●●(塾に来ている部下の名前)の成長ぶりが嬉しいです。

店のミーティングでは、ポストイットを使いながら、楽しく効率良く運営しています。
(以下一部省略)
それから「私(代表)とスタッフに隔たりがある?だとしたら何だろう?」という話をして、その穴埋めを自分(●●)がしたいと言ってくれた時は、涙が出そうになりました。

時々、少し時間を作って下さいと言いながら、そんな事を話してくれ、私自身癒されたり頼もしくなっています。
会社が大きくなる時に、右腕が欲しいと痛切に思うこの頃。ここにいたな。ちゃんと育っている人がいる。ととても嬉しかったです。

今後の●●のさらなる成長を楽しみにしています。
自分でなく、部下に受講してもらって本当に良かった!
自分の成長ばかりを気にしていました。そうしないと認めてもらえない、部下も成長できない、って…
でも違いました。

自分よりも良いところを部下が持ってくれる事の頼もしさや感謝。
今後の会社の成長が楽しみです。

~メッセージ終わり~

実は社長は右腕に育てたい幹部候補のスタッフを僕の「リーダー・幹部塾(第1期)」に
参加頂き、その塾中に僕にくれたメッセージです。

塾の様子(第1期生)

リーダー・幹部塾5回コース(第1期)のディスカッションの様子

このメールを頂いたとき僕自身「塾やってよかった」と思うと同時に、
「この社長はずっと自分1人で抱え込んで頑張ってきたんだな~」そう思いました。

「まずは自分が!」「自分が頑張らないと!」とずっと頑張ってきたんですよね。
実際、それで会社も成長している。
しかし一人(社長だけ)の力って本人も精神的に大変だし、出来ることにも限界がある…。

よほどのカリスマリーダーでない限り、個人技だけで乗り切るのは難しい。

でも、中小企業の社長さんの多くが同じような気持ちなのかもしれませんね。

僕は前職の自身(取締役営業本部長)の経験からわかったことがあります。それは

トップとNo.2の右腕(または幹部)は近いようでも大きな隔たりがある

でも、幹部自身はその隔たりに気づかないし、わからない。
むしろ全財産をかけて経営している代表と給料をもらう社員では隔たりがあって当然。
でも全て埋められなくても、少しでも近づけることはできます。
そして、その溝を埋めながらお互い協力していけば、もっと大きなことが成し遂げられる。

前職にその経験して、今の塾(リーダー・幹部育成)でその溝を埋めて成長につなげるお手伝いをしています。

「いやいや、うちはそんな人材本当にいないし…」
そう言って青い鳥(外部の優秀な幹部候補)を探していませんか?(笑)

もちろん、外部から即戦力の幹部社員を採用するという選択肢もあります。
(自社に上手く適合するかのリスクもありますが)

でも、もし本当にいない!と言い切るなら…不在のその責任は誰にあるのでしょう?

会社自体(先代)の責任?
お客様のの責任?
部下の責任?

違いますよね?
それに最初から「出来る人」なんていない。

あなたの望むレベルでなくても、あなたをサポートしてくれる可能性を持った幹部(候補)は社内に必ずいます

「まだ彼(彼女)には早い…」なんて言わず(笑)、期待を伝えて少しずつ自覚させて成長の機会を与えましょう!

期待されている事を知って嫌な気持ちになる社員なんていない!
(先への不安から少し逃げ腰になる社員はいますが(笑))

一緒にやろう!と安心感を与え引っ張れば必ずついて来るはず。
「どうやって本気で右腕や幹部を育てるか?」
幹部育成の仕組み作りもトップ(リーダー)の大切な仕事ですよね。

 
【今日の質問】

あなたの右腕と呼べる人は誰ですか?何人いますか?

 

【リーダー・幹部塾 募集中(5回コース)】
昨年(第1期)一般告知せず、満席となった「リーダー・幹部塾(第2期)5回コース」の第2期を5月からスタートします!
(限定12社 6社決定済→10社決定済)残り2社 ※先着順

この塾は「現場を巻き込み人材育成を兼ねたミーティング基本技術」と、
幹部として「組織のパフォーマンスを最大限に引き上げる方法」が
一度に両方同時に身につけられる塾です(代表・幹部(候補)限定)

詳細はコチラから

 

 

The following two tabs change content below.
矢本治
1971年広島県出身。ホテルマンとして10年勤務後。2004当時低迷している関東のブライダル運営会社に営業責任者として転職(店舗責任者からはじまり、3年後には取締役営業本部長まで経験)。リニューアルや安売り競争が熾烈で7割が前年実績を下回るといわれるブライダル業界において、ミーティングを工夫して7年で売上7倍。
圧倒的な実績を生かし2010年に創業。「売上UP」と「人材育成」という一見異なることを実現する日本初ミーティングコンサルタント。講演・コンサルティング・企業内研修・私塾である「ミーティング塾」「リーダー塾」で活動中。
クライアント先はホテル・ブライダル・アパレル・旅館・写真室・美容室グループ、人材派遣会社・飲食店・エステグループ・建設会社・住宅メーカー、印刷会社・医療業界など全国に多くのクライアントを持ち、93%以上のクライアント先の業績が毎年向上するなど確実な実績UPに貢献している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
亡くなった父に心から感謝!!

6月2日以来、久しぶりの更新です。 実は先月6月6日、広島に住ん

数字を活用して伝える力(共有力)をUP(ミーティング視点)

こんにちは、ミーティングコンサルタントの矢本です。 今回

情報共有していない方が悪いのかな(ミーティング視点)

今回は研修で質問もらったことをブログで紹介。 (その企業さんと本

必要な情報が集まる上司とは?(ミーティング視点)

中間管理時代の上司として痛感したこと。 働いていて、考えていない

ミーティング塾(全3回基本コース)第5期生募集開始

  こんにちは、㈱チームサポートプロの矢本です